台風が現在接近している模様ですね。
台風で外に出られない、また停電が起きたら困るという状況でも、ボードゲームなら十分に遊べます。
実は、東日本大震災のさなかでもボードゲームを遊んで長い時間を過ごしたという話が結構あったりするんです。
”ボードゲームは東日本大震災の後、関心を持つ人が増えているという。電気を使わずに遊べるので節電につながること、家族や身近な人との交流を深めたいという人が増えたことなどが背景だ。(中略)世界各国に様々なボードゲームがあり、欧州では毎年500もの新作が出るという。海外製品の多くは日本のゲーム専門店などがメーカーに日本語訳した解説書を付けてもらい輸入・販売している。ゲームの難易度は様々で、よく調べたうえで購入するほうがよい。
(引用元:日本経済新聞記事)””
ということで、長い時間を過ごすならじっくりと遊べるボードゲームを今回は3つご紹介しようかと思います。
1:カタンの開拓者
カタンの開拓者たち スタンダード版 -
カタンの開拓者たち スタンダード版 –
ボードゲームといえばドイツ、ドイツと言えばボードゲームというほどに業界では有名な作品です。
島で自分の領地を開拓していくゲームですが、マップの構成を毎回変化させることができるために何度でも遊べる不思議な魅力をもっています。
2:カルカソンヌ
カルカソンヌ -
カルカソンヌ –
カタンとも近い発展系のゲームです。
タイルを交互に置いて、地図を広げていくことで領地を作っていくシンプルなゲームです。
欲張ると閉じることができなくなって点数が入らないなど、単純でも悩ましいところがあるのがポイントです。
3:エルダーサイン
エルダーサイン 拡張セット 見えざる軍団 完全日本語版 -
エルダーサイン 拡張セット 見えざる軍団 完全日本語版 –
最後は拡張パックもでているエルダーサインです。
これは1人でも遊べ、さらに台風などの災害がある時にほど楽しめるホラーなゲームとなっています。
ダイスによるどうしようもならない状況をなんとかしていくところに感情移入もしやすいかも?
セットアップの準備が少ないのでさっくり遊ぶもよし、大いなる恐怖に打ち震えるもよしなゲームです。
以上、今回は3つほど紹介させていただきました。
それでは、素敵な卓ゲライフを〜