本日は8月13日、浅草で行われた
ボードゲームコレクションの様子をレポートしまっす!

東京は浅草『東京都立産業貿易センター台東館』さんで行われたこのイベントでは、
ボードゲームの体験卓と即売会、そしてライブイベントも合わせて行っているイベントとなっていました。
昨年とは場所が変わり、広い会場となっていたので、サークル参加者がのびのびとお客の対応しているような印象を持ちました。

到着した時が遅めだったので開始の行列があったかどうかはわかりませんが、試遊卓はほぼほぼ埋まっている様子で、
また参加者の年齢幅や雰囲気が今までのボードゲームユーザーとは違う層が入ってきているような感じも受けました。
※この感想には個人差があります

シュピール遊園地さんのオリジナルボードゲームやダンゲロス卓など、盛り上がっている所は多く、
新作がなくても旧作だけで出しているサークルさんの方が多かったですね。

基本はゲームマーケットが主で、その他の販促手段としてボードゲームコレクションを使っているのかな?

また、普段人狼会でお世話になっているユリエさんのサークルに向かったら、チャイナドレスでお出迎えしていただきました!

セクシーな美女とのツーショットなんて、はじめてかも……。

その他ではいくつかゲームを購入しました。
今回チェックしたのは、上野のボードゲームカフェ、ムスビヨリさんに合いそうなゲームです。
和風系で英訳がついているものということで、
シノビエンパイアとはないちもんめをゲット。

このあと、ムスビヨリさんで実際に遊んでみましたがルールが難しくなく、ライト層の多いムスビヨリさん向けのゲームだなぁと思った次第です。
ボードゲームカフェを経営する人は増えてはいるものの、ゲームの仕入れは大手の王道ゲームばかりになって個性がつきづらいし
買いだしも難しいようなので、こうした自分が代行みたいなこともやってお店のイメージに合う同人系ゲームを繋げれたらWin−Winができるのかなと
考えています。

ボードゲーム人口の増加や、
新しくボードゲームをデザインしようとしている人達が増えて来て活性化している流れがきていると感じられる
イベントでした。

定期イベント化はしていくでしょうし、浅草近辺でもありますので
2020年にはオリンピックもあることですし、外国人観光客も呼び込んでもっと盛り上がれたらいいなぁ。

興味をもたれた方はぜひ来年、足を運んでみてください!!