どうも、アナログゲームアドバイザーの鉄狼です。

本日紹介するゲームは日本人に馴染みの深いかるたをアレンジしたゲーム『ヒットマンガSF編』です。

ヒットマンガSF編』とは?

『ヒットマンガSF編』は、かるた遊びをベースに、吹き出しが空欄になった漫画の1コマカードを使い、読み手が即興でセリフを作って伝えつつ、他の人は該当するカードを察して早取りするゲームです。

プレイ人数:3〜10人
対象年齢:6歳以上
プレイ時間:約20分
ゲームデザイン:タンサンファブリーク

ゲームの目的

場にあるカードがなくなるか、打ち切りカードが出すぎる前に、読みてのセリフに合わせたカードを取り、
とったカードがそのまま点数となります。

<!—- ※ゲームの目的 —->

ゲームの準備

読み手カードをシャッフルしておき、取り手カードをテーブルなどの上に広げておきます。

<!—- ※ゲームの目的 —->

ゲームの流れ

1人ずつ代わりばんこに読み手役を行ない、ここから無作為に1枚引いて、
空欄の吹き出しに相当するようなセリフを、その場の即興で作って他の人に伝えます。
例えば、「うわっ! マジかよ…。」「アンタなんかがアタシに?!」といった具合です。
臨場感が出るように「らしく」言いましょう。

さあ、それを聞いた人たちは、正解だと思うカードを素早く探して取らなければなりません。

もし正解者が現れたら、正解を当てた人にも読み手にも得点が入ります。
でも、もし全員が間違えてしまったら、読み手のセリフ内容に問題アリとして、減点の「連載打ち切りカード」が与えられます。

ヒットマンガSF編』の特徴、問題点

『ヒットマンガSF編』の特徴はカルタのルールでありながら、読み手が吹き出しの内容を考えていうところにあります。
全員が失敗したら、打ち切りが近づいてしまうためあくまでもわかるような言葉を選ぶことが重要です。

問題点は発想力が鍵となるゲームになってしまうため、
読み手のセンスが大きく影響してしまうところでしょう。

マンガに親しんでいたりしないと、上手いセリフが浮かばなかったりすると
面白さが半減してしまうでしょう。
このSF編は世界観もSFによっているので、そちらの知識の有無でセリフ作りができるできないなどもあるでしょう。

こんな人に『ヒットマンガSF編』はおすすめ!

・マンガのネタとかが好きな人。
・キャラのセリフをいうのが好きな人。
・むしろマンガを書いているという人。

最後に

キャラのセリフを言うタイプのゲームですので、声優さんらと遊んで物語っぽくしてみるのも面白いかもしれませんね。

気になった人はこちらをクリック!