こんにちはくろがね企画代表の白井です。

ボードゲームのデザインについて、ちょっと考えることがありましたので、
メモも兼ねて共有したいかなと思います。

先日遊んだ『ちかどるっ!』ですが、ゲームの目的とその方法がいまいちであったため、ゲームとして不明瞭だとかんじました。

つまり、ゲームというのは『目的』と『手段』がすぐわかららないと遊びづらいということになります。

売れているゲームというのは目的と手段が明確なものが多いです。
スマホのアプリでもランキングに勝つなり、『シナリオやランキングをクリア』という目的を達成するためには
『強いカード』を手に入れることが手段としてわかりやすくなっています。

課金誘導でもやはり、特攻カードというのが目的のための手段というようにデザインされています。

つまりは、『ゲームの目的と手段が理解できない』と『ゲームそのものが理解できない』ということになります。

新しくゲームを作りたいというのであれば、この目的と手段を明確化することと、『手段』に面白さを持たせることがゲームそのものの「ウリ」を決めます。

このあたりを意識して作れるようになると、面白いカードゲームを作ることはできるのではないでしょうか。

以上、くろがね企画の代表、白井でした。