c555c377d5dbefd178436859c6460dd7_s.jpg

どうも、ボードゲームアドバイザーの鉄狼です。
賭け事って、誰でも好きですよね。
勝てるかもしれない、次こそかつかもと言う欲求がそれを呼び起こしているとも言えるでしょう。
アナログゲームの中でも、このギャンブル性の高いものがあります。
それが「グリード」です。
あ、実際にお金をかけては遊んでいませんよっ!

グリードとは?

手番になったら、6個のサイコロを振り、出た目によって点数をキープをして点数を集めていく絵わせ系のゲームです。
点数は以下の通りです。これらは1振りで出さなくてはいけません。
6つ揃い:5000点、グリード($GREED、6つとも全部違う):1000点、ダイヤモンド(Dが4つ):1000点、シルバー($が3つ):600点、ゴールド(Gが3つ):500点、ルビー(Rが3つ):400点、エボニー/エメラルド(EまたはEが3つ):300点、D1つ:100点、G1つ:50点。
2〜6人程度が推奨されていますが、実際には10人とかでも遊べます。

グリードの遊び方

サイコロを6つ振り、役が出来ていたら、その点数をキープして手番を終わらせるか、それとも更なる役を狙うかの選択ができます。更なる役を狙う場合は、獲得した役のサイコロを脇に除いて、残ったサイコロで狙って行きます。なお振りつづけて6個すべて役にしたら、もう1度6個振ることになります。
ただし更なる役を狙った場合、そのときに振ったサイコロで役が出来なければ、この手番で蓄えていた点数が無効になり、次のプレイヤーに順番が移ります。
役が出来ていなかったら、ただ単に手番が次に移ります。
なお最初の500点はスターターとして1回の手番で必ず越えなくてはいけないので、500点を取ってからそういったやめる/続けるの駆け引きが出来るようになります。
5000点を誰かが越えたら最終ラウンドに入ります。5000点を越えたプレイヤーの次のプレイヤーから、そのスコアを越えられるかを狙って行き、もし越えたらそのプレイヤーの勝ちとなります。越えられなかった場合は勝つことは出来ません。
こうして誰かが越えた5000点以上を誰も出せないか、それを塗り変えることが出来たらゲーム終了で、そのプレイヤーの勝ちです。

グリードの特徴、問題点

ダイスを転がし、役をそろえて5000点稼ぐという簡単なルールの上、対応人数は無制限。
パーティゲームとして鉄板級な一品となっています。
この更なる役を目指すために振り足してからのはずれのダメージは大きく、競争形式のために大きく賭けにでなければならない場面があって、緊張感を感じることができます。
欠点としては、点数計算がかなり大変なところですね。
スマホの電卓を使うのもありですが、できるならポーカーチップと合わせて遊ぶほうが雰囲気もでていいでしょう。

こんな人にグリードはおすすめ!

『カイジ』をはじめ、福本なギャンブル系マンガが好きな人はおすすめです。
振り直しするときは是非「倍プッシュだ!」といってみましょう。

グリード / TDC Games