ダブルクロスThe 3rd Edition リプレイ・クロニクル  彷徨のグングニル (富士見ドラゴン・ブック) [文庫] / 矢野 俊策/F.E.A.R. (著); しの とうこ (イラスト); 富士見書房 (刊)
はい、今回もリプレイの話をしたいと思います。
年代記(クロニクル)というタイトルの示すとおり、ダブルクロスの歴史をリプレイを通じて知ることのできる面白い一冊です。
ダブルクロスについて簡単に説明しますと、世界では未知のウィルス「レネゲイドウィルス」に感染した結果、超人的な力を持つ存在「オーヴァード」というものが存在し、いたるところで活動しているのだがそれが世界には知られないように隠されているといった世界観です。
日常から裏の世界へとレネゲイドウィルスの覚醒によって入ることとなった少年少女達が怪物へとなる恐怖を抱えつつも大切な日常を守るというコンセプトが非常にシステム的にもあらわされていて面白いゲームです。
そのリプレイもかなりの数がでていまして、以前にも紹介したトワイライトもその一つです。
ライトノベルとして読み易い雰囲気もありますが、今回おススメしたのは歴史の部分ですね。
3rdということで三作目なので、古い作品の流れを知らない人も多くなるのでこういった総集編のようなリプレイがあるとわかりやすいです。
ダブルクロスに興味のある方、またははじめてみようとするなら手において貰いたい作品なのでいかがでしょうか?