エルダーサインをレビューしておいて本筋をレビューしてないことにいまさら気づく鉄狼です。
ということで、ホラー系TRPGの代名詞ともいえるクトゥルフ神話TRPGのご紹介です。
『這いよれニャル子さん』や『ゆっくり~』動画で知名度が上がっている近作を聞いた人は多いかと思います。
また、最新作のスーパーロボット大戦に参加しているデモンベインとも深いつながりがあります。
作品の特徴としましてはプレイヤーが行うのは特殊能力を持たない一般人であること、世の中には知らない方がいい宇宙の真理があることなどがあります。
映画でいうところのホラー映画のように無力な主人公が洋館から脱出したり、奇妙で猟奇的な事件に巻き込まれたりするパターンのシナリオと相性がよいゲームです。
正気度(SAN値ともいいます)とよばれる数値が衝撃を受けるたびに減っていき、0になってしまうと発狂したり廃人になってしまうというつくりになっています。
今の主流は手に入りやすいサイコロをつかった判定ですが、こちらは成功や失敗を10面ダイスを2つ使った%ロールと呼ばれる方法をとっているので、得意な技能の成功率が20%という表記のためわかりやすさは高いです。
戦闘を行うこともできますが、どちらかといえば戦闘は最後の手段で基本的に推理小説やアドベンチャーゲームのように手がかりからヒントを得て事件を解決するという流れが基本となっているのもクトゥルフの魅力のひとつではないかと思います。
クトゥルフ神話がよくわからないという人にとっても資料集のように扱えるため、ニャル子さんなどで興味を持ったのなら触れてみてください。
ただし、ニャル子さんやクー子になって遊ぶゲームではないのでそこだけは注意してください。
CALL OF CTHULHU クトゥルフ神話TRPG ルールブック