国立市 自己破産 弁護士 司法書士

国立市在住の方が借金・債務整理の相談するならこちら!

債務整理の問題

債務の悩み、借金の問題。
お金の悩みは、自分一人だけでは解決が難しい、深い問題です。
ですが、弁護士・司法書士に相談しようにも、ちょっと不安な気持ちになるもの。
当サイトでは国立市で債務・借金のことを相談するのに、オススメの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
ネットで相談することが可能なので、初めての相談という人も安心です。
また、国立市の地元の法律事務所や法務事務所もピックアップしているので、そちらも参考にしてみてください。

国立市の人が自己破産や借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

国立市の債務や借金返済の悩み相談なら、ここがおすすめ。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払は、分割払いもOK。
相談料はもちろん0円!
借金督促のストップも可能です。
個人再生、自己破産、過払い金、任意整理、など、債務の問題について無料相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話代0円)で相談受付することができるので、お金に困っている方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、借金や債務の悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに合った方法で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、お得に解決することが可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方でも安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

国立市に住んでいる人が借金や債務整理の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットでできる診断ツールです。
とても簡単な質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも匿名&無料で使えます☆
全国対応のサービスなので、国立市在住の方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の国立市周辺の司法書士や弁護士の事務所を紹介

他にも国立市には弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●渡邊司法書士事務所
東京都国立市 1丁目14-9 ステージ国立207
042-505-4592
http://watanabe-shiho.com

●司法書士事務所ライズ
東京都国立市東1丁目14-20 ハイムヤマ205
042-573-0004
http://rise-law.jp

●サン合同事務所(司法書士法人)
東京都国立市東1丁目4-15
042-580-5831

●近藤誠司法書士事務所
東京都国立市 北一丁目5番の17
042-501-2151
http://kondo-office.com

地元国立市の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談の方が、気軽に相談できるのではないでしょうか。

借金返済に国立市で弱っている場合

借金が増えすぎて返済できなくなる理由は、ギャンブルと浪費が大半です。
パチンコやスロットなど、依存性の高い博打に病み付きになってしまい、借金をしてでもやってしまう。
気がついたら借金はどんどん膨らみ、返しようがない金額に…。
あるいは、クレジットカードでブランド物や高級品を買い続け、借金も日増しに大きくなる。
フィギュアやファッションなど、無駄にお金のかかる趣味につぎ込んでしまうのも、浪費といえるでしょう。
自分が作った借金は、返さなければなりません。
けれども、利子も高く、返すのが辛いものがある。
そんな時ありがたいのが「債務整理」。
司法書士・弁護士に相談し、お金・借金の問題の解消に最善の方法を見つけ出しましょう。

国立市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|自己破産

債務整理にも沢山の手口があって、任意でクレジット会社と話合う任意整理と、裁判所を通す法的整理である個人再生若しくは自己破産という類が有ります。
それでは、これらの手続につきどんな債務整理デメリットがあるでしょうか。
これらの3つの手段に共通していえる債務整理のデメリットとは、信用情報にそれ等の手続きをやったことが掲載されてしまう事ですね。世にいうブラック・リストと呼ばれる状況です。
だとすると、ほぼ5年から7年ぐらいの間、クレジットカードがつくれずまたは借り入れが出来なくなったりします。しかしながら、貴方は返済金に日々悩み苦しみこれらの手続きを進める訳なので、もうちょっとの間は借り入れしないほうが宜しいでしょう。じゃカードに依存し過ぎる方は、逆に言えば借金ができない状態になる事により救われると思います。
次に個人再生・自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続をやった事が掲載されるという点が上げられます。だけど、あなたは官報等ご覧になった事がありますか。むしろ、「官報とは何?」という方の方が複数人いるのではないでしょうか。
実は、官報は国が作るする新聞の様なものですけれど、ローン会社等の極僅かな方しか見てないのです。ですので、「自己破産の事実がご近所の方々に広まった」などということはまず絶対にないでしょう。
最終的に、破産独特の債務整理のデメリットですが、1辺破産すると7年間、2度と破産はできません。そこは十二分に留意して、2度と破産しなくても大丈夫な様にしましょう。

国立市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/自己破産

はっきし言って世の中で言われているほど自己破産のリスクは少ないです。高価な車・マイホーム・土地など高額なものは処分されるが、生活の為に必要な物は処分されないのです。
又20万円以下の貯金は持っていていいです。それと当面数か月分の生活する上で必要な費用100万未満なら持っていかれることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして掲載されるがこれも僅かな人しか見ないものです。
又いうなればブラックリストに掲載されてしまい七年間ぐらいはキャッシング又はローンが使用出来ない状態となりますが、これは仕方のない事なのです。
あと一定の職に就職出来なくなるということもあります。だけれどもこれもわずかな限られた範囲の職種なのです。
だから債務超過で返金する事の不可能な借金を抱えてるのならば自己破産を進めると言うのも一つの手口なのです。自己破産を実行すれば今までの借金がすべて無くなり、新しく人生を始めるという事で長所の方が多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として司法書士や公認会計士や税理士や弁護士等の資格は無くなるのです。私法上の資格制限として後見人・遺言執行者・保証人にもなれません。又会社の取締役などにもなれません。けれどこれらのリスクはあんまり関係無いときが多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物ではない筈です。

関連ページ